国産レモン、みかんなどを農家直営で宅配!フルーツも産直でどうぞ。


 商品一覧
 


我が家の秤(はかり)
音声式重量判別機
   
「ピーチク・パーチク」
撮影日:平成18年11月18日

実演者様は、3年前に我が家の隣に大阪から引っ越してこられた
みっちゃんさんです。すごく手際がいいんです!


我が家のフルーツのサイズ分けはすべてこの秤を使用します。
この秤を使用すると、収穫からお届けまでみかんちゃんにほとんどショックを与えることなく、収穫そのままの味をお手元にお届けできるんです! 桃など傷みやすい果物で使われることの多いこの「ピーチクパーチク」ですが、みかんで使っている農家は世界広しと言えども観音山フルーツガーデンだけではないかと思っております。また、ここがどうしても譲れない生命線でもあります。


以下の写真が「ピーチク・パーチク」です
10kgみかんケースを横半分にスライスした程度のサイズです

ピーチクパーチク


収穫後の20kg入りのコンテナを上に乗せますピーチクパーチク


みかんを一つ持ち上げてみますね
ピーチクパーチク

女性の声で”エム”と言いました



桃や柿などショックに弱いフルーツでの使用は以前から知っていましたが、購入したお店のお話では、みかんへ応用は初めてだそうです。

我が家のフルーツはすべてこの秤を使用します。
レモン、ハッサク、デコポン、ポンカンも事前に重量別にサイズを設定しておけば、数字のボタンを1回押すだけで簡単に切り替えられます。

”秤(はかり)は、加えて計るもの”
との既性概念を打ち破った「逆転の発想」に敬意を表しつつ使用しています。

撮影のためコンテナ上部までみかんを入れていますが、普段は下部のみかんに重圧がかからないように6割程度にしています。         
底には、新聞紙、またはスポンジを敷いています。               
計量したみかんを他のケースに移す場合も卵を扱うようにそっと置きます。  
大変な手間ですが、みかんのサイズ分けとしては、これ以上丁寧な方法は考え付きません。                                
お客様のお手元に届いてから一週間後にお召し上がりいただいてもショックによるエグミなどの品質の劣化はほとんどないはずです。     


へ戻る

開墾明治四十四年 観音山フルーツガーデン