• Page Top
  • 買い物かご
  • 送料・支払方法

  •  商品一覧
     





     



    ますます近くなる世界。
    経済成長めまぐるしいアジア。

    その反面、増える日本の耕作放棄地。
    人口の減少が続く故郷。

    私達は地域にある原石を生かし、
    世界の多くの方々の生活に貢献したいと考えています。

    フルーツを通じた世界の人々との繋がり。
    フルーツを通じた世界平和。
    「PEACE FRUIT」

    観音山フルーツガーデンは台湾から始めています。



     
     


    ←台湾の店舗に置いて頂いてる「観音山天使のハートフルジャム」。

    純粋なフルーツの味と、瓶の形がご好評を頂いています。

    店員の人達も、とても良い方ばかりです。

    日本の良い物を揃えられたお店。
    まるで日本にいるようです。







     
     


    →台湾のフルーツショップさん。

    美味しいフルーツをたくさん販売されていました。

    おまけのみかんなども頂き、笑顔でお話させて頂きました。

    「せとか」に似た品種もあり、オーストラリア産。

    新しい発見は色々なところに転がっていました。





     
     




    ←香港のフルーツショップさん。

    日本には無い南国フルーツが豊富に並べられています。

    生活に潤いを与えてくれるフルーツ。

    どの国でもフルーツの存在は素晴らしい!と感じました。









     




    →香港で有名なバーで、観音山とろコク搾りや「蜜うめ子」、「ハートフルジャム」などを使ったカクテルを作って頂きました。

    バーテンダーの方も「とろコク搾り」の美味しさに感動。
    感動を共有しながら、オリジナルカクテルを作って頂きました。

    美味しいフルーツに国境はありません。
    フルーツを通じた人と人との繋がりを感じました。




     
     



    ←これがとろコク搾りを使って制作して頂いたオリジナルカクテル。

    ネーミングは「KAN-NON-YAMA GREEN」。

    新しい味の感動に、店員さんと喜びをともにしました。







     


     観音山フルーツガーデンの世界での取り組みでは、オーストラリアのインターナショナルコーディネーターのハイランド真理子先生にも、ご協力を頂いております。
     真理子様のお力で、色々な世界の方々とお会いすることが出来、色々な繋がりを頂いております。




     アジアの活況を肌で感じ、日本のフルーツの可能性を改めて感じました。

     それと同時に、日本と違う気候を利用した、アジア地域での日本の優秀な柑橘類の栽培なども、とても面白いと感じました。

     未来は続きます。
     
     私達はフルーツの美味しさを通じて、世界の方々の生活に潤いをお届けしたいと考えています。
     私達はフルーツで、地域活性化に繋げていきたいと考えています。


     大きな夢ではありますが、未来は続きます。

     日本のフルーツ産業の潜在能力を、世界で活かせればと考えています。




     

    開墾明治四十四年 観音山フルーツガーデン